医学部 臨床医学脳神経外科学Neurosurgery

JapaneseEnglish

研究室HP

脳外科

脳神経外科学教室は、1974年(昭和49年)に、日本の脳神経外科での脊椎・脊髄外科領域のパイオニアの一人である角家 暁名誉教授により開設された。1999年(平成11年)より、飯塚秀明が主任教授として教室を引き継ぎ、診療、教育、研究指導を行っている。現在も伝統を引き継ぎ、当教室は脊髄外科学会認定の教育施設であり、脊髄外科学会指導医である飯塚教授を中心に診療を行っています。また、2名のがん治療認定医、3名の脳卒中専門医、2名の神経内視鏡技術認定医、1名の脳神経血管内治療認定医が在籍し、脊椎・脊髄疾患、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、中枢神経先天奇形まで、脳神経科領域全般にわたり治療を行っている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8174 +81-76-218-8174 / FAX: 076-286-1702 +81-76-286-1702 / Email: neurosur@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 飯塚 秀明 飯塚

特任教授

  • 立花 修

講師

  • 岡本 一也

学内講師

  • 白神 俊祐

助教

  • 玉瀬 玲
  • 正島 弘隆
  • 鳥越 恵一朗

主な研究業績

部門別研究業績

  • Sasagawa Y, Akai T, Nakada S, Minato H, Tachibana O, Nojima T, Iizuka H:Narrow band imaging-guided endoscopic biopsy for intraventricular and paraventricular brain tumors:clinical experience with 14 cases,Acta Neurochir (Wien),156:681-687,2014.
  • Sasagawa Y, Tachibana O, Doai M, Akai T, Tonami H, Iizuka H:Internal carotid arterial shift after transsphenoidal surgery in pituitary adenomas with cavernous sinus invasion.,Pituitary.,16:465-70,2013.
  • Sasagawa Y, Tachibana O, Iizuka H:Undifferentiated sarcoma of the cavernous sinus after gamma knife radiosurgery for pituitary adenoma.,J. Clin. Neurosci.,20:1152-1154,2013.
  • Sasagawa Y, Tachibana O, Iida T, Iizuka H:Oncocytic meningioma presenting with intratumoral hemorrhage.,J. Clin. Neurosci.,20:1622-1624,2013.
  • Akai T, Siraga S, Sasagawa Y, Iizuka H, Yamashita M, Kawakami S:Troubleshooting distraction osteogenesis for craniosynostosis,Pediatr. Neurosurg.,49:380-383,2013.

主な外部研究資金

  • 2014,中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業,赤井卓也
    微細加工技術の高度化と集積化による患者負担軽減のための神経内視鏡切断処置具の開発
  • 2014,科学研究費助成事業 若手研究(B),笹川泰生
    IL-10産生による中枢神経系悪性リンパ腫の免疫回避と増殖/浸潤機構の解明
  • 2014,内視鏡医学研究振興財団研究助成,笹川泰生
    磁場式ナビゲーションを併用したNBIガイド神経内視鏡手術の確立
  • 2011,内視鏡医学研究振興財団研究助成,笹川泰生
    Narrow-band imaging(NBI)を利用した脳室内病変の毛細血管構造の評価
  • 2010~2012,科学研究費補助金 基盤研究(C),立花修
    症候性ラトケ嚢胞の増大機序における炎症性サイトカインとアクアポリンの関与